フジテレビドラマはのだめカンタービレ

好きなフジテレビドラマ

ドラマ「のだめカンタービレ」

私が好きなフジテレビドラマはのだめカンタービレです。 私が好きな理由は登場人物がユニークな所であります。

●登場人物の紹介

このドラマのヒロイン的役割でもあるのが、上野樹里演じる野田 恵(のだ めぐみ)です。 このドラマのタイトルにもなっていますが、ニックネームは「のだめ」で桃ヶ丘音大ピアノ科の3年生です。 破天荒なヒロインですがピアノの演奏は自己流でありながらも独創的で天才です。 天才的才能をもつ千秋先輩(後に記述)に出会い、彼に追いつくために努力したりピアノで挫折を経験したりします。 次に紹介するのがこのドラマの2人目の主人公である玉木宏が演じる千秋 真一(ちあき しんいち)です。 彼はのだめの1つ年上で桃ヶ丘音大ピアノ科4年生です。 彼の選考はピアノ科ですが、独学で指揮法を学び世界的な指揮者を目指しています。

●興味を持ったきっかけ

私がこのドラマを始めて見たのはYoutubeでこのドラマを紹介している動画を見てからでした。 その動画では、のだめカンタービレの登場人物の紹介やストーリーのあらすじなどを紹介しており、私がこのドラマに興味を持つきっかけになりました。

●最後に

元々こののだめカンタービレは漫画が原作になっています。 私は読んだことはありませんが、ドラマの内容とその漫画の内容はほとんど変わらない構成になっているようです。 ドラマを全て見終えた全体の感想としては、基本的にギャグの要素が入っており、のだめの破天荒ないわゆるボケの役割をする性格に加えて、千秋先輩の落ち着いた突っ込みのような性格がこのドラマの面白さを最大に引き出していると思います。 まだこのドラマを見たことがない方には私がオススメしたいドラマです。